結婚する夢を見る意味や心理状態とは?

結婚する夢の意味

多くの女性が憧れを抱く結婚。真っ白なウェディングドレスを着て、指輪交換している夢・・。

また、式はやらなくても、いきなり結婚していて、相手と生活を始めている・・。そんな夢を見た翌朝は、何となく気になりませんか?

しかもこの夢、ほとんど女性しか見ない夢なんです。

それほど、「結婚」という節目は、女性にとってとても重要なのですね。

今回は、結婚願望がある人も、そうじゃない人も見てしまう「結婚する夢」が意味する深層心理についてお話しします!

結婚する予定のある女性が見る、結婚する夢

もうすでに結婚の準備が整い、あとは入籍や式を行うだけ・・という女性が、結婚予定の相手と実際に結婚する夢を見た場合は、結婚に対する憧れがとても強く、早く結婚したいという願望であるとともに、結婚に対する不安の表れでもあります。

複雑な思いが渦巻いている時期かもしれません。

知らない相手と結婚する夢

今抱えている問題を乗り越えて、大きく成長しようとしている時期に見る夢です。

結婚したけれど、相手の顔が判別できない、または、見た事もないような人の場合、その相手=乗り越えるべき壁であり、何とか乗り切ろうとする努力の表れです。

今任されている仕事があれは、思い切って挑戦しましょう。

昔付き合っていた相手と結婚する夢

元彼と結婚する夢を見たときは、今でも心のどこかで相手のことが気になっていて、潜在的に意識していることが考えられます。

それは単に「懐かしい」という感情、または、その人と結婚したかった、もう少し付き合いたかったといった願望もあるのです。

一方で、付き合っている当時、相手の嫌な部分がどうしても許せず、今になって許せるようになったという場合にも見る夢です。

どちらにしろ、心の奥底では気になっている存在と言えます。

嫌いな相手と結婚する夢

この夢を見た場合、嫌いだと思っていても、実は相手を理解したいという思いがあったり、単に興味本位で、こんな人と結婚する人なんているのだろうかと考えていたりすると、夢となって現れます。

良い意味でも悪い意味でも気になる相手と言えますね。

結婚しているのに、再び夫と結婚する夢

この夢はちょっと危険!夫婦仲がうまくいっていないのではないでしょうか。

離婚の願望が表れています。

夫に不満があり、別れたいと思っているけれど、結婚生活を送らなければいけないという義務感の表れです。

結婚式を挙げる夢

多くの女性の憧れ、結婚式。真っ白なウェディングドレスを着てヴァージンロードを歩く夢は、まさに憧れがそのまま夢に現れたと言えます。

式が盛大であればあるほど、強い結婚願望を抱いていることを意味しています。

ただ、夢の中で着たドレスに破れや汚れがあった場合は、結婚することにより始まる性生活や、結婚生活そのものに少なからず恐怖感を抱いている状態と言えます。

また、結婚願望がなくてもこの夢を見た場合は、仕事や、私生活で、新たな変化を望んでいるときかもしれません。

結婚を後悔している夢

この夢を見たときは、結婚に限らず、何かに負担を感じ、後悔していることがあるのかもしれません。

あの時こうしていれば良かった、もっと別の選択があったのでは・・と悩んでいるときに見る夢です。

対人関係が悪化するようなトラブルに発展するかもしれません。

心を落ち着けて、極力ポジティブな考え方に切り替えてみましょう。

いかがでしたか?

女性にとって結婚は、人生の中で一番と言ってもいいくらいの大イベントです。

どうせなら好きな相手と結婚する夢を見たいのに「なぜあの人が出てきたんだろう」と不思議に思うこと、ありますよね?

その夢を見たときの、心の動きや、環境の変化を思い出してみて下さい。

もしかしたら思い当ることがあるかも?

でも、あまり深刻にはなりすぎないようにして、次のステップへ進むためのヒントとして、参考にしてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る