爪を噛む癖の心理とは?治し方をご紹介!

爪を噛む心理

爪を噛むクセ、ありますか?

大人から子供まで爪を噛むクセを持っている人は意外に多いと思ですよね。

子供の時から爪を噛んでいる人は、大人になってもそのような行為を続けてしまいがちです。

なぜ手持無沙汰になると爪を噛んでしまうのか?爪を噛むと言うことはどんな深層心理の表れなのかをご紹介します!

「爪を噛む」行為は心の不安の表れ?

爪を噛む人の深層心理については色々な説があります。

・緊張している
・ストレスを感じての自傷行為
・幼児期の愛情不足からの精神不安定
・なんとなく寂しい、心が不安定

どれもこれもいいイメージではないですね…。

また、噛む人は精神的に傷つきやすく繊細な人デリケートなタイプな人が多く、人間関係で悩みやすく怒られたりするとすぐ落ち込んでしいがちです。

人前で噛む事はなくても、家でPCをいじりながら爪を噛んだり、テレビを見ながら爪を噛んだり、など一人でいる時に半ば無意識的に行ってしまうんですね。

そのようにいいイメージの全くない爪を噛むクセは、体にもよい影響を与えないと言われています。

では体にどのような影響をおよぼすのでしょう?

・深爪になる

まずこうなる方は多いですよね。

爪を噛む方はわかると思うのですが、深爪してても噛みたくなってしまうようです。

中には血が出るまで噛んでしまうという人もいます。

・爪がギザギザになる

爪がギザギザになってしまうと皮膚が痒い時にぽりっと掻くだけで皮膚がすごく傷ついてしまいます。

それだけではなく、「女性は男性の手をよく見る」と言います。

少し気になっている男性の爪が汚らしかったら、印象が悪くなってしまいますね。

・前歯の根が短くなる

爪を噛む時に使うのは前歯がほとんどですよね。

噛む、と言う行為は意外に力がかかっている上に爪も結構丈夫な物です。

なので前歯にかかる負担はものすごい力だと想像できますよね。

歯の根が短くなるということは、歯の強度が落ち、抜けにくくなってしまいますので要注意です。

・化膿する

これ!最も危険です。

たがが指の化膿とは思わないでください。

始めは痛みをそんなに感じなくても次第に強くなり、脇の下のリンパが腫れるなど全身にも影響が出てしまうこともあります。早めに治しましょう!

爪を噛むクセの治し方とは?

良いことの全くない爪を噛むというクセ、読んであなたも治したいと思いませんでしたか?

ちょっと意識して努力すれば治すことができますのでぜひがんばって治しましょう♪

・とにかくストレスをなくす

爪を噛むんでいる時は人がストレスを感じている時が多いので、ストレスをなくす努力をしてみましょう。

「それがなかなか難しいんだよ…」という方も多いかと思いますが、そういう方は極力一人でいる時間を減らすような努力をしてみてはいかがでしょうか?

人としゃべっている時に爪を噛む人はいませんよね。

そのようにして自ら爪を噛みづらい環境に身を置くのも、改善の第一歩だと思います。

・ぼーっとする時間を作らない

忙しくしていると意外に爪を噛むことすら忘れていることがあります。

ヒマだなと思ったらスポーツするなどしてできるだけ体を動かすようにしましょう。

運動そのものがストレス軽減にもつながるので、一石二鳥です!

・マニキュアやハンドクリームをつける

指先に何かを塗っている状態で爪を噛むと変な味がするので、無意識で噛んでも自分が噛んでることに気がつきますよね。

気がついたら止める、の繰り返しをすることで噛む回数が減って行きます。

意外とこれで爪を噛むクセをやめられた人は多いようです。

・バンソウコなど指先に貼る

マニキュアやハンドクリームが苦手な方はバンソウコを貼って代わりにするとよいでしょう。

とにかく爪を口の中に入れないようにすることが重要です。

いかがでしたか?

「爪を噛まなくなると落ち込まなくなった気がする」という声を聞くことがあります。

爪を噛むという行為がストレスと直結している証拠とも言えるのではないでしょうか。

あなたの周りに爪を噛んでしぶい顔をしている人がいたら優しく声をかけてそっと相談に乗ってあげるといいかもしれませんね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る