偉そうな態度をとるモンスター上司の性格・特徴・心理とは?

偉そうな上司

いつも威圧的で、人を見下すような言い方をする上司。あなたのオフィスにもいませんか?

モンスター上司とは、パワハラやいじめなどを当たり前のように部下や後輩に対して行う上司のこと。周りから見ても明らかによくないことなのに、上司であるので、なかなか意見や注意をすることができません。

自分より立場が下の人間に対しては偉そうな態度を取るのに、自分よりも立場が上の人間にはぺこぺこして態度を変えるような上司がいたら、困りますよね。

最近、このような態度を取る「モンスター上司」という上司が増えています。このような上司の部下になってしまったら、仕事での充実感や、プライベートまでひきづってしまうことも。

しかし、職場での人間関係は、自分にはどうしようもないことが多いものです。このような上司は、どうして偉そうな態度を取ってしまうのでしょうか?

最近、あなたの部下や後輩が、立て続けに退職してしまうなんてこと、ありませんでしたか?今回は、偉そうな態度を取る上司の性格や特徴、対処法をお伝えします。

モンスター上司の特徴とは?

モンスター上司

モンスター上司は自己愛が強く、プライドが高いという特徴があります。そのため、自分がしてしまったミスにおいて、ミスをしたということを認められず部下や後輩のせいにします。

自分は何も悪くない、部下や後輩のせいだと、権力で責任を押し付けてしまいます。これでは、ついていきたいと思われなくなってしまいます。

そして、なんらかのコンプレックスを抱えている場合もあります。自分の意見を聞いてもらえない、認めてもらえないという経験から、後輩や部下の意見を聞いたり、認めてあげるということができません。

自分がされたことの腹いせのようなことを、部下や後輩にしてしまうのです。逆らえない立場の部下や後輩は、いやな気持になりますよね。ほかの上司や周りの人に相談をするのも、ひとつの手段かも知れません。

しかし、モンスター上司は、自分より上位の立場にある人たちに対しては、従順でいい顔をしていることが多く、部下や後輩が自分のことを相談することを先読みして、あの手この手で根回しをしています。

ここまでお伝えしたモンスター上司の特徴に、ひとつでも当てはまってしまっていませんか?

モンスター上司は実は自分に自信がない?

偉そうな上司

自分に自信がない人は、偉そうに振る舞ったり、大きな声で人を威圧したりして、自分を大きく見せようとします。

小型犬は、自分より大きい大型犬に遭遇すると、恐怖を感じて威嚇し、大きな声でキャンキャン鳴きます。一方、吠えられた大型犬は素知らぬ顔で余裕の表情。そんな光景を見たことはありませんか?

偉そうな態度を取る上司は、自分に自信がないため、小型犬が鳴くように大声を出したりして自分の存在をアピールしていないと、不安で仕方がないのです。

本当に威厳のある人は、偉そうに振る舞ったり大声を出さなくても、自然と尊敬され、慕われるもの。強要されたり強いられるものではありませんよね。

モンスター上司は心の余裕がない?

偉そうな上司

相手を受け入れる自信がない人は、自分や弱さを受け入れることができないので、相手のミスを受け入れることができず偉そうな態度を取ります。

自分の弱さを受け入れることは、苦しいことです。人は、自分が弱いと認めることで、相手から見下されるのではないかという不安から、自分の弱さをなかなか認められません。

自分の弱さからミスをし、その経験がトラウマになり、心に余裕がない状態になってしまうこともあります。

また同じ子ことを繰り返してしまうんじゃないかと思うと、怖くて自分のミスを受け入れられないのです。

モンスター上司は自己顕示欲が強い

偉そうな上司

自己顕示欲とは、自分の存在を周りに認めてもらいたいと思う欲求のことです。

自己顕示欲が強い人は、社内で自分の存在を大きく表したいがために偉そうに振る舞うのです。このような人は、常に自分が注目を浴びていないと気が済まないので、何とかして注目を浴びようとします。

また、自分よりも上の立場の人に対して自分をアピールするために、気に入られようとしてご機嫌取りをしたり、ぺこぺこしたりします。

偉そうな態度を取る上司への対処法とは?

偉そうな上司

偉そうな態度を取っている人には、基本的にそのような態度を自分が取っているという自覚がありません。また、上司という立場の人に対して、その態度を注意するということはなかなかできませんよね。

このような場合、相手に変わることを求めずに、自分が変わるのが一番いい対処法となります。

偉そうな相手の態度に腹が立っても、怒りで返してはいけません。理不尽な態度や物言いに対しては、冷静で客観的な考え方が有効です。

上司が偉そうな態度で接してきたら、どうしてそのような態度を取るのか読み取ってみましょう。

自分に自信がないため、自分を大きく見せようとして偉そうにしている場合。誰にでもひとつくらい、いいところがあります。そこを見つけて、ほめてあげましょう。自分にもいいところがあるとわかれば、自信がついて自分を偉そうに見せることは減ってくるでしょう。

心に余裕がないため、相手を受け入れず偉そうにしている場合。もしかしたら、苦手なことで困っているのかも知れません。

上司と言えど、ひとりの人間としてみたら、苦手なことだってあります。困っている様子を見たら、手伝いを申し出てあげてください。

自己顕示欲が強すぎて、注目を浴びたいために偉そうにしている場合。自己顕示欲が強い人は、いい方向に行けばチームをまとめるリーダーとなってくれます。わからないことを聞いたり、困ったことを相談したりして、自己顕示欲を満たしてあげましょう。

気付いたら自分がモンスター上司に…?

モンスター上司

「モンスター上司は嫌だな〜」と思っていたはずが、年々会社で過ごすうちに「なんか自分もモンスター上司っぽくなってきたかも…」と心当たりのある方へ。

自分がモンスター上司の特徴にいくつ当てはまっているのかチェックしてみましょう。

・自分のミスを、部下や後輩のせいにしてしまったことがある。

・自分の仕事を部下や後輩に押し付け、部下や後輩が困っていてもケアをしていない。

・上司、先輩である権力を振りかざして、部下や後輩に接したことがある。

・自分の意見が正しい、と譲らず、部下や後輩の意見を聞かない。

・プライドが高い自覚がある。

等々。

当てはまったことが多ければ多いほど、あなたはモンスター上司である可能性が高いと言えます。モンスター上司にならないためには、まず部下や後輩の話を「聞いてあげる」ことが重要です。

自分が言いたい意見もあるでしょうし、上司、先輩としてアドバイスのつもりで、部下や後輩の話に口をはさみたくなることもあるでしょう。

しかし、まずは、聞いてあげることが大切なのです。そして、自分の意見がある場合も、なるべく部下や後輩の意見に対して否定的な言い方はしないこともポイントです。

部下や後輩が、生意気な口調で意見を主張してきて、頭に来ることもあると思いますが、そこは「意見を言うということは、成長している証拠」ととらえ、接してあげましょう。

上司として、先輩として大切なのは、「寛大さ」です。モンスター上司にならないために必要なのは、部下や後輩のミスをフォローし、意見を聞いてあげる寛大さであると言えるでしょう。

寛大でいるためには、相手を受け入れる余裕は必要です。

忙しさからストレスを抱えすぎて、心に余裕がない状態になっていませんか?また心だけでなく、体も健康でないと、イライラして部下や後輩に当たってしまうことがあります。

モンスター上司にならないためには、自己管理が必要です。デキる上司と言われる人を見ると、みんなイキイキとしていて、心に余裕があり、寛大であると思いませんか?

デキる上司のいいところを見習って、取り入れてみることも、いい方法です。

モンスター上司に関するまとめ

今回は、偉そうな態度を取る上司の性格や特徴、対処法をお伝えしました。

会社での人間関係は、社員のメンタルヘルスを良好に保つだけでなく、業績にも関係します。人間関係という余計な悩み事に時間を割かれると、仕事に集中できなくなるものです。

誰にでもひとりぐらい苦手な人という存在があります。しかし、見方を変えれば、人間関係をスムーズにすることはできます。

あなたが変われば、あなたの周りの世界はいくらでもいい方向に変わるのです。

また自分自身もモンスター上司になっていないかどうか、ぜひチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る