キスマークを付けたがる人の深層心理や意味とは?なぜつけるのか

キスマーク

皆さんはキスマークを付けたり、付けられた経験はありますか?

こちらが望んでもいないのに無理やりキスマークをつけられるような場合、「どうやってキスマークを消そう…」と悩んだ方も多いのではないでしょうか。

今回はキスマークをつけたがる人はどういう心理でつけようと思うのか、心理状態や特徴をご紹介します

キスマークをつける理由

人がキスマークをつける際には色々な理由や、心理状態が働きますが、以下のような要因がとても多いです。

・恋人が自分だけの存在であって欲しいから
・誰にも取られたくない
・浮気防止
・キスマークがあれば恋人がいるとわかってもらえる

などの例が挙げられます。キスマークをつける人は基本的に嫉妬深く、独占欲がある方が多いのが特徴です。

「印をつけることで他に目をいかせないようにする」というのは、一種の束縛にも似た行為といえるでしょう。

キスマークをつける場所

キスマークを付けたがる人はやはりにつけることが多いようです。他には胸、お腹、太ももなどにつけるパターンが多いようですね。

首以外につける理由としては、彼女と自分だけの秘密というワクワク感もあり、沢山つける人ほど独占欲が強いと言われています。

首につけた場合は洋服でカバーすることもできますが、割と人目につきやすいところなので、望んでいない場合はとても困ってしまいますよね…。

女性からのキスマークをおねだりされる場合

「キスマークつけて」と女性からお願いされたこと、あるいはしたことはありますか?

女性からのおねだりで、彼にキスマークをつけてもらうという人は意外にも多いのです。「愛されているという証が欲しい」という心理状態から、そのようにお願いをするのです。

離れている時間であっても、彼のキスマークを見ると嬉しさや幸せ感を感じるのです。

キスマークというのは、吸ったことで内出血を起こして出来るので何日か経過すると消えてしまいます。だからこそ、何度もお願いをしてしまうのです。

キスマークというのは独占欲を表しています。恋愛に対して経験の浅い学生時代であれば、嫉妬心が強くついついキスマークを残してしまったりするものです。

大人になってからキスマーク…?

大人になれば、やはり学生時代からは変わってしまう為、「キスマークをつけて…」なんて難しくなってきますよね。社会人である以上、見える位置にキスマークを付けるわけにはいきません。

見えない場所にキスマークがあるのは構わないと思いますが、キスマークをつけるような嫉妬心が強い方と付き合うと、仕事に支障が出てくる可能性があります。

大人になっても、男女問わず大切な人にキスマークをつけたがる人はいます。「キスマークをつけてもらうことで安心できる」なんていう人も実際にはたくさんいます。

しかし、見える位置にキスマークをつけるのはやめましょう。大人になっても、その様な恋愛ができるのは良いことですが、キスマークでお互いの愛情を確かめあうよりも、一番大切なことはキスマークなしでもお互いに信頼しあうという事です。

いかがでしょうか

男性が女性にキスマークをつける理由は、独占欲や嫉妬心があるということですね。

大切だと思ってくれる気持ちには女性としても嬉しさを感じますが、時には、浮気をしないようにといった理由があるのです。学生時代には、気付かなかったとしても、大人になってみれば、信用されていなかったのかと少し残念な気持ちになりますよね。

キスマークを付けたがるのは、裏を返せば信頼ができない証とも言い換えられます。お互いに束縛しすぎないように注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る