セックスの相性は食事でわかる?「食」と「エッチ」の意外な関係とは

食事とセックス

ランチや飲み会、カラオケなどで男性がものを食べることをしばしば見かけると思います。食べ方というのは、相手に様々な印象を与えます。食べ方ひとつで好感度がアップすることもあれば、とてつもなく悪い印象を与えてしまうような食べ方もありますよね。

一人ゴハンの時ならまだしも、誰かしら相手のいる状態では出来るだけきれいに食べたいと思うのが人情。ただし、そんな概念にとらわれず、誰に見られていようがいつもの食べ方をしてしまう人もいます。その価値観の差とは、一体何なのでしょうか?

食べるという行為に無頓着な人

食事とセックス

そもそも食にあまり興味がなく、食べられるモノなら何でもよく、食べ方に関しても興味がないし、思うままに口に運ぶ。そういったタイプの人は、セックスにもあまり興味がないと考えて良さそうです。

全く興味がないわけではないものの、好きなモノをたくさん食べたい=好きな人とはたくさんセックスしたい、という人とは対極で、肉体関係はそれなりにあればいいという考え方をするので、他の趣味などに夢中になっているような人が多いようですね。

お付き合いの当初は毎晩してくれたのに、慣れてきたら回数が激減した、といったカップルも、どちらかがこのタイプなのではないでしょうか。もしもそういう恋人に不満を抱いているなら、相手が興味を示しそうな「物珍しさ」や「新鮮さ」を提供してあげると上手くいくかもしれませんよ。

普段行かないようなホテルだったり、普段着けないような下着だったり。相手が何に興味を示すかを研究してみるといいでしょう。

グルメ嗜好で食べることが大好き!

食事とセックス

「評判のお店ができたみたい。行ってみない?」「あそこのお店美味しいんだって!」と、とにかく美味しいモノを食べることが大好き。カップラーメンを食べるくらいなら、夜中でも自分で簡単にお蕎麦やパスタを茹でて、少しでも美味しいモノを食べたいと考えるような人は、セックスに関しても非常に貪欲です。

相手を「美味しい」(体の相性がバッチリ)と感じていれば、その傾向はますます顕著に現れるのではないでしょうか。かなり肉体的には疲れているはずなのに「しようよ」と誘ってくることも多そうです。何故なら、そういうタイプの人にとってはセックス自体が精神的な栄養になってくれるから。

それも大好きな恋人とであれば尚更なのでしょう。あまりにも回数が多すぎて相手が疲れてしまうケースもあるようなので一概にいいこととは言い切れませんが、愛情をより深める手段として、恋人同士や夫婦間のセックスは非常に重要です。相手が自分を求めてくれることを喜べるなら、素晴らしいカップルになれそうですね。

偏食が過ぎる人

食事とセックス

コレ嫌い、それ食べられない。アレルギーではなく、嫌いな食べ物が多すぎるようなタイプの人は、セックスの傾向も特殊な場合が多いと言われています。誰でもひとつやふたつは嫌いな食べ物があると思いますが「野菜も魚も嫌い」だとか「和食、全部嫌い!」といった、極度の偏食の片鱗が見えたら、ある程度の覚悟が必要かもしれません。

自分も性的なことに奔放で「どんなことでも試してみたい」というタイプであれば上手くいくかもしれませんが、そうでない場合は、体の関係を結ぶ前に、一度慎重に考えてみることをオススメします。

相手のことを愛していても、あまりの特殊嗜好を持った相手に特殊なことを要求され続けるのは精神的に辛いものです。実はこのタイプは、特殊行為を拒むと怒りやすい、という側面も同時に持ち合わせています。そもそも偏食自体、幼少時の食生活が偏っていることが原因であることが多く、親御さんに甘やかされて育っている場合が多々あるので、親しい人の前ではワガママな部分を出してしまうというわけです。

食べながら必ず何かをする人

食事とセックス

楽しく会話しながら食事をしたいのに、相手がずっとスマートフォンをいじっていたり、友人とメールをし続けていたり、何かの動画に夢中で、あまり人の話を聞いていなかったり。このタイプは、セックスに関しても非常に自分勝手なケースが多いようです。自己中心的なタイプですね。

「そんなんだったら、自分一人で済ませて!」と言いたくなってしまうようなセックスをする傾向があると言います。こちらは全然気持ちよくないのに、事後に「気持ちよかったでしょ」というような自信に満ちた発言をするのも、このタイプに多く見られるようです。

勇気を出して相手に「もっとこういうふうにして欲しい」と言ってみても、あまり改善はされないかもしれません。このタイプも幼少時にワガママを通して育ってきたケースが多いので、否定されることを嫌がるからなんです。

自己中心的なまま育ってしまうと、相手の気持ちを察することができない大人になってしまいます。愛しているからこそ、そういう部分を根っこから変えたい! という気持ちがあるとしたら、根気よくお付き合いをする必要がありそうですね。

最後には「愛」

食事とセックス

色々と「食とセックスの関連性」についてのご紹介をしてきましたが、あなたや、あなたのお相手はいかがでしょうか? もし今のあなたが相手とのセックスに不満を感じているなら、正直に伝える勇気を持ちましょう。例え相手がどんな嗜好を持っていても、互いに愛し合っていれば歩み寄れるときが来るかもしれません。

セックスは愛情の象徴です。カップルや夫婦円満の秘訣はセックスだという説もありますから、できればお互いに満足の出来るセックスでいつまでも仲良く過ごしたいですね。最後に残るのは「愛」です。肯定するのも否定するのも愛情です。素敵な相手と、素敵な毎日を!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る