男の人が好きなファッションは?男心をくすぐる魅力的な女性コーデ!

男性が好きなファッション

こんな経験のある女性はいませんか?「良かれと思って選んだ服が、彼氏にあまり受けなかった。でも、同じコーディネートなのにも関わらず、女子受けは良かった。」

つまり、女性が思う魅力的なファッションと、男性受けするファッションには、多少のズレがあります。

では、どんな服なら意中の男性の心を掴めるのでしょうか?今回は同性の視線は度外視して、男性のみに的を絞った「モテるファッション」についてお伝えします!

何を置いても、まずは清潔感!

男性が好きなファッション

出典 : titivate

女性の服装に清潔感を求める男性はとても多く、特に、清潔さの象徴であるかのような白い服に惹かれるようです。

白いふんわりしたシフォン素材のブラウスや、白いワンピースなどは鉄板と言えます。中でも、少しだけレースやフリルなどを施した女性らしいデザインは、男性の目を引き付けます。

ただ、あまりにもレースやフリルが多すぎると「年齢にそぐわない」「媚びている感じ」「これ見よがし」と感じる男性も多いので、ほどほどがいいようです。

また、アクセサリーも、小ぶりで上品なデザインのものをさり気なくつけると、控えめな華やかさを演出できますが、男性の中には「アクセサリーは不要」と言い切る人もいるので、相手の好みに合わせたいところです。

パンツならスキニーで

男性が好きなファッション

出典 : titivate

女性がデートにスカートを履いてきたら「その日はOKということ」と勘違いする男性もいるほど、男性は女性のスカートにこだわりがあるようです。

元々パンツが好きで、スカートは持っていない、または、まだ付き合うという段階ではないので、あまり隙を見せたくないという女性もいることでしょう。

また、デートの場所によっては、パンツのほうが好都合な場合もあるので、必ずしもデート=スカートでなければいけないというわけではありません。

パンツでも、さり気ない女性らしさは出せるものです。ダボッとしたボーイフレンドデニムやガウチョパンツは、女性には人気がありますが、男性にはあまり評判が良くないケースが多いです。

男性は、体のラインがしっかりわかるものを好む傾向にあるので、もしスカートではなくパンツを履きたいのであれば、体にフィットするスキニーを選ぶことをお勧めします。

裾を少し捲り、足首を見せてハイヒールを履けば、ヒップのラインも上がってスタイル良く見せることができます。

パンツの色は、濃いものが引き締まって見えるのでお勧めですが、白やベージュなど薄い色のパンツを履くときは、くれぐれも下着が透けないように気をつけて下さいね。

冬ならダウンジャケットよりもコート

男性が好きなファッション

出典 : titivate

温かく、機能的なのにも関わらず、なぜかダウンジャケットは男性受けが悪いものです。

その理由としては「おばさんアイテム」「機能重視でオシャレ感なし」「野暮ったい」といったところらしいのですが、冷え性も多い女性としては、複雑な心境ですよね?

それならどのようなアウターが男性に人気なのかと言えば、膝下まであるウールのコートなのです。

リボンでウエストマークするものは特に人気で、女性らしいシルエットに惹かれる男性が多いようです。他にも、ダボッとしたダッフルコートも「可愛らしい」と好評です。

また、コートに合わせる小物としては、ふんわりしたマフラーがお勧めです。

寒い季節、マフラーに顔を半分うずめた姿に萌えるという男性は多く、モテたい女性には必須アイテムと言えます。

その他のモテアイテム

男性が好きなファッション

出典 : titivate

他には、体のラインが出るニットや、ブーツも好評です。

モテアイテムとしてマストと思われがちなミニスカートやショートパンツですが、男性によっては「他の男に見せて歩いているようで嫌だ」と感じる人も多く、その男性の考え方を探ってから着用したほうが無難かもしれません。

露出はするけれど、あくまでも控えめということが重要で、例えば、手首、足首、襟元を少し見せただけで、十分色気や女性らしさは演出できます。

また、スカートで足を露出したら、トップスは襟元の詰まったデザインを選ぶなど、バランスが大切です。

いかがでしたか?

男性に媚びているようで嫌だからと、我が道をまっしぐら!というコーディネートを貫いている女性もいますが、ここぞという日だけは、相手が好むファッションをしてみてはいかがでしょうか?

もちろん今回ご紹介したコーデが必ず男性が好むかというと、好みもあるので一概にも言えませんが、王道のコーディネートといえます。

いつもとは違う自分を演出して、意中の男性の目を釘付けにしてしまいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る