【目の下ピクピク痙攣の治し方や対処法は??】ストレスが原因の病気??

目の下 ピクピク

「なんか目の下のくまのあたりがピクピクと痙攣してる…」

こんな経験ありませんか?

この記事を見ているという事は、あなたもおそらく「目の下ピクピク病」に悩まされているのではないでしょうか?

初めてこの症状が出た人は「自分は重度の病気なんじゃないか」「一生止まる気がしない」「ピクピクするのがばれるのが恥ずかしくて人と話せない」などと不安に思ってしまう方も多いかと思います。

そこで、今回は目の下がピクピクしてしまう原因や対処法などをお伝えしますので、「ピクピクが止まらない!」という方はぜひ参考にしてみてください。

目の下がピクピクする原因はなに?意外と経験している人って多いの?

目の下がピクピクする症状ですが、意外とあなたの周りにもたくさんいるかもしれません。

IT業界に勤める人や、事務などで長時間PCを見つめている人にはよくこの症状が起きており、それほど珍しい症状ではありません。

この症状は通称”顔面ミキオミア”と呼ばれ、別名”眼瞼ミオキミア”、”眼輪筋ミオキミア”などと呼ばれることもあります。

名前だけ聞くとなんともいかつい感じで、「やばい病気なんじゃないか?」という印象を受けますが、大抵の場合はたいしたことありません。

気になるこの症状の原因ですが、一番の理由は”疲労”だと言われています。

疲労というのは”肉体的な疲労”はもちろんですが、”精神的な疲労”も多く関わるのがこの病気です。

あなたは現在寝不足や過度のストレスなどを感じていませんか?もしくは仕事などで長時間同じ姿勢でPCを眺めていませんか?

もしもそれらに該当するのであれば、重度の病気ではなく「一時的なピクピク」な可能性が非常に濃厚です。

ストレスやPCの見すぎ、運動不足などによって引き起こされる、一種のSOSのシグナルと言えるでしょう。

重度の病気?顔面神経痛と顔面ミキオミアは関係あるの?

目の下のピクピクを調べていると、「顔面神経痛」という病気かもしれない…などと不安になる方も多いかと思います。

先ほど述べたような、肉体的な疲労から来る”一時的なピクピク”であれば、顔面神経痛である可能性は低いといえるでしょう。

ただし、それらの症状が一時的ではなく慢性的なもので、緊張を感じるたびにピクピクしたり、目の下以外の範囲に渡ってしびれがある場合は顔面神経痛の可能性があります。

顔面神経痛が進行すると睡眠中に痙攣を起こしたり目が開きづらくなってしまったりします。

「PCを長時間みるわけでもないのに顔が引きつったり、痺れたりする」という人は過度のストレスにさらされている可能性があります。

顔面ミキオミアがいつまでたっても治らずに、症状が悪化するようであればすぐに病院に行く事をおすすめします。

ピクピクが治らない…どうやったら治るの?対処法は?

顔面ミキオミアは通常、数日から数週間で治りますが、中には「いつまでたっても治らない…」という方もいます。

目の下ピクピクがもし”精神的な理由”からくる場合であれば、確かに症状が長引いてしまう可能性があります。

なぜならそういった方は「現状おかれている環境に対して精神的な苦痛」を感じているので、その環境を変えるか、それとも慣れるか、などの必要があるからです。

職場などでストレスを感じている場合にはその状況は打破することが一番のピクピクを治す近道になるかと思います。

とはいえ「そんなに上手くストレスを発散出来ないよ」という人が多いでしょう。

そういった方には、物理的な対処法(例えば目の周りをマッサージしてあげたり、暖めてあげること)なども非常に有効です。

眉毛の付け根の内側や、目と鼻の間のツボを刺激してあげる事で、目の疲労が緩和され効果があると言われています。

また最近では寝ながらアイマスクをつけるような商品も多いですが、目の疲れ等の身体的疲労からくる目の下ピクピクであれば、そのように「目の辺りを暖めてあげる」ことは非常に効果的です。

職業がらPCをいつも見てお仕事をされる方も多いかと思いますが、30分に一度はPCから目を外して遠くを眺めたり、こまめに休息をとるなどの意識を持つようにしましょう。

あとは、栄養不足も顔面ミキオミアを発生させる要因となるので、昔から目に良いとされているブルーベリーを食べる事も非常に効果的です。

ブルーベリーの栄養分が目に良いというのはご存知かと思いますが、+αとして「これを食べたら治りそう」という意識が非常に重要とも言われています。

病は気からという言葉にある通り、科学的には証明の出来ない精神的な不安を解消してくれるんです。

結論。顔面ミキオミアになってしまったら

顔面ミキオミアは先ほどから述べているように、そこまで深刻になる病気ではありません。

ただし、「いつまでたっても症状が治らない」「症状が悪化している」という人はいますぐにでも病院に行ってください。

それ以外の方は、少し仕事を休んで休暇をとったり、目の周りのマッサージや食生活の改善、適度な運動をするなど、心身ともにリラックスさせてあげることが非常に重要です。

そうして日常のストレスから解放されることで「そういえば目の下ピクピクしなくなったな」と自然に治るケースがほとんどです。

目の下のピクピクしたからといって、あまり悲観的になるのではなく「あ〜体や心が疲れているサインだな」くらいのスタンスでうまく顔面ミキオミアと向き合うと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る