【目の下・まぶたピクピク】はストレスや心の病気が原因?

まぶたピクピク

「勝手に目の下がピクピク動く…」おそらく多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか?自分の意思とは関係なく、目の下やまぶた、目の周りが勝手にピクピクすることです。

ですが数秒で収まったり、断続的に続いても数日だったり、比較的すぐに治ってしまうことが多いため、あまり気にされている方も少ないのではないでしょうか?

ですがこの目の周りのピクピク。身体や心のサインなんです。身体が教えてくれているサインを見逃さずに、万一の病気を防ぎたいですよね!

どんな時に起りやすい?

目の下がピクピクする

思い返してみてください。目の下やまぶたがピクピク動く時は、疲れやストレスを感じている時ではありませんか?

仕事続きで心身ともに休めていなかったり、心配事をずっと抱えた状態の時もあります。長時間のパソコン使用や、ゲームにはまって何時間もモニターと向き合った後などにも起こることがあります。

これらに共通しているのは「疲れ・ストレス」ですよね。

なぜ、疲れやストレスが目の症状として現れるの?

目の下がピクピクする

現代では、パソコンやスマートフォン等の使用から、目を酷使しやすくなっています。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚など、人間には五感というものがありますね。

その中でも、目からはたくさんの情報を仕入れます。

視覚から得る情報量の割合は約87%と言われています。これでは目を酷使すると疲労が溜まってしまうのも無理はないですね。

そしてもう一つ。自律神経も関係しています。

活動時や緊張している時に活発になる「交感神経」と、リラックスしている時に働く「副交感神経」があります。

これら二つは、バランスを保って心身を維持しています。

疲れやストレスが原因でバランスを崩してしまうと、身体と心に大きな影響を与えます。頭痛や不眠などの体調不良が表れたり、心は不安感や緊張を感じた状態になることがあります。

目の周りの筋肉が緊張して血行が悪くなり、目の下やまぶたがピクピクする症状が起こってしまうのです。身体が、休息を取ってほしい!と感じて出しているサインなら一過性のものですが、目の下やまぶたがピクピク動く事はいくつかの病気の初期症状である可能性もあります。

どんな病気の可能性がある?考えられる病気3つ

目の下がピクピクする

①眼瞼(がんけん)ミオキミア

まぶたを開閉する眼輪筋に、一部異常な興奮が生じて、無意識のうちに細かいけいれんが起きることを言います。

片目の下まぶたに起きやすいと言われ、一過性の場合は数日~数週間でおさまります。年齢に関係なく起こる症状で、ほかの筋肉に症状が拡大することはありません。

多くの人が経験している目の下やまぶたがピクピクする症状は、一過性の眼瞼ミオキミアにあてはまるでしょう。

しかし、脳幹部の腫瘍や炎症から眼瞼ミオキミアの症状が出ることもあります。

ピクピク動く症状がおさまらなかったり、だんだん強くなる場合は、まず眼科を受診されてくださいね!

②眼瞼けいれん

いつもより眩しく感じる、瞬きが増える、目の周囲がピクピク動く、目が乾いて開けていられないといった初期症状があります。初めは下まぶたのけいれんですが、上まぶたにも進行していきます。

目の周りの眼輪筋が収縮し、上下のまぶたが勝手に閉じてしまう症状もあります。

ゆっくり進行していきますが、放置していると目が開けられなくなってしまいます。

視力自体は元のままなのですが、目が開けられないので見えない、という状況になるのです。

治療が必要ですので、異常に眩しさを感じたり、目が勝手に閉じるといった症状が出ている場合は、早めに眼科にご相談されてください。

③片側顔面けいれん

片方の目の周りがピクピク動くけいれんから始まり、徐々に同じ側の、頬、口元、あご等、顔面に広がっていきます。眼輪筋と顔の筋肉のどちらにもけいれんが見られる症状ですね。

脳から顔につながる血管が圧迫されて起こると言われています。治療することができますので、目の周り以外にもけいれんがみられる場合などは、脳外科などの専門医へご相談くださいね!

目の下・まぶたがピクピクした時の対処法3つ

まぶたピクピク

①目を休める

日頃の疲れが残ったまま目を酷使していると、症状が出やすくなりますよね。まずは、目を休めることを意識してください!

両目を閉じて、まぶたの上から優しくマッサージをすると良いですね。仕事中、学校、家でもどこでもできます。こっそりでも構いませんので、目の疲れを少しでも取ってあげてください。

就寝前に、布団に入った状態でしたらリラックスもできますので、そこでも行うとなお良いでしょう。

②蒸しタオルやホットアイマスクで血行促進

目の周りの眼輪筋をほぐすためにも、血行を良くすることは大切です。入浴中に温めたタオルを目の上に乗せて数分ぼーっとしてください。

就寝前に、まぶたをやさしくマッサージした後、ホットアイマスクを付けるのも効果的でしょう。

③睡眠時間をしっかりとる

寝ている間に、身体の疲れや脳で感じたストレスは解消されていきます。

睡眠不足だったり、眠りの質が良くないと、疲れやストレスを残したままになってしまいます。就寝前には、パソコンやスマートフォンなどの強い光を見るのは避けてください。

強い光は眠りに入るのを妨げてしまいます。リラックスして、心地良い環境で眠りにつけるよう意識してくださいね。

いかがでしたか?

目の下・まぶたのピクピクは、身体と心のサインです。

症状が続いたり、強くなったり、他の箇所にも症状がでるようでしたら、専門医へご相談くださいね。一過性のものであれば、疲れているよ、休みたいよ、と伝えてくれているのでしょう。

日頃頑張っているあなただからこそ、出ている症状かもしれません。

ご紹介した方法で、毎日少しずつ疲れやストレスを軽減されてはいかがでしょうか?たまには、ゆっくり心も身体も落ち着けて休息をとってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る