適応障害とは?症状や治療方法などをご紹介!

N112_hooduewotukujyosei-thumb-815xauto-14599

適応障害は、ストレス社会、ある程度の状況や出来事を受け入れる事が出来ず、辛く耐え難い為、気分や行動に現れてきます。一番多いキッカケと言われるのが、生活環境の変化です。

環境の変化というものは、誰もが節目、節目に経験をします。その際、必ず、不安感、緊張感はあるはずです。しかし、多くの方が時間とともに、その環境に馴染んでいく事だと思います。

大きなストレスから抜け出せない方はどうでしょうか?きっと毎日が耐え難いものだと思います。

適応障害の症状とは?

症状は、人によって様々ですが、主に挙げられるのは、不眠、食欲不振、過敏、混乱、不安、頭痛、肩こり、腹痛、倦怠感、抑うつなどです。

過敏と言われる症状は、新しい環境での大きなストレスに敏感に反応しているという事です。誰しも、この様な症状を経験した事があるでしょう。しかし、ある一定期間のうちに治ってしまったら問題はないかと言えます。

どの様な人が適応障害になりやすいのか?

基本的になりやすいといわれるのが、とても真面目である方です。真面目であるからといって必ずなるわけではありませんので大丈夫です。皆さんは、ストレスと上手く向き合えていますか?

環境に大きな変化があったり、そのストレスに慣れる事ができない方もいらっしゃるかと思います。それを我慢し続け、過ごしているとダメージが大きくなります。人に相談が出来なかったり、孤独な環境に置かれている方、忙しい日々、周りに助けてもらえないという方は、適応障害になりやすいと言えます。

真面目であり、ストレスを感じやすいという方は、要注意です。適応障害になると、精神的な症状に加えて、身体的な症状も出てきます。

また、軽度のうつ病と見分けがつきにくいという現実があります。

治療法はあるのか?

治療法として、まず、どの様なストレスがあるのかという事を知る必要があります。生活環境の大きな変化の中で、何が原因かという事は、ご自身でも気付かれている場合が多いのではないでしょうか?

その為、ストレスに向き合っていく事が必要になってきます。しかし、耐え難いような環境に置かれている事に向き合うのは、決して簡単な事ではありません。まず、一番大切な事は、休養だと言えます。その際には、周りのサポートも必要になってくる為、友達、家族など、思い切って相談してみませんか?それは、とても勇気がいることでもあります。

だけど、あなたは決して一人ではないという事です。

他には、薬物療法もあります。不安感や恐怖感、睡眠がとれないといった場合には病院で薬を処方して頂けますので、心療内科や精神科への受診をお勧めいたします。

受診をしなくても大丈夫だと思われる方もおられるでしょう。しかし、我慢を続け、放っておくと、ダメージが大きくなり、うつ病になってしまうケースもあります。早めに治療してほしいのです。

現実をいうと、薬物療法で完治はしません。あくまでも、精神的な症状、身体的な症状を少しでも落ち着かせる為のものですが、必ずあなたの心は少しでも楽になるはずです。

休養は、大切な治療の一つ

思い切って休養してみませんか?他には、気分転換や食事の見直し、睡眠とは、健康な体に近づく為の第一歩です。少しでも心の疲れがとれたら良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る